Q&A

■Q&A一覧

●利用登録・利用契約

●サービス内容

●販路拡大支援


■利用登録・利用契約

Q1.料金はいくらか。

・青森県の承認を得た登録いただいたA!Premium契約者以外は利用できないサービスで、個別相対契約となりますので料金公表はしておりません。
・料金は利用希望のある方に対して、サービス詳細説明時にヤマト運輸(株)から提示することになります。

ページ上部へ戻る


Q2.利用するためにはどういう手続きが必要か。

・まず県に利用登録申請をお願いします。
・本サービスは、個人利用はできません。利用希望者が法人、個人事業者等であることなど、簡単な審査を行います。
・その後ヤマト運輸(株)から詳細を説明し、サービス利用契約についてはヤマト運輸(株)と契約となります。
・個別の運送契約となりますので、運送基本契約書の締結を行います。

ページ上部へ戻る


Q3.利用登録申請をしないと料金は教えてもらえないのか。

・サービス利用希望がある場合は、ヤマト運輸(株)から詳細について説明差し上げます。
・利用登録については、料金、運用規約等詳細説明後の判断で結構です。

ページ上部へ戻る


Q4.持ち込みが困難な地域(下北や西津軽等)は利用できないのか。

・距離が遠い等の理由で利用しづらい地域があることは認識しています。
・今後、荷物の増加に合わせ出荷時間拡大や荷受体制を検討して参りますので、当面は出荷体制をご調整いただき、新たな販路拡大に向けてご検討をお願いします。
・又、一部限定地域運用等、ヤマト運輸(株)にて可能な限りご対応いたしますので個別にご相談下さい。

ページ上部へ戻る


Q5.バイヤー側が利用する場合は、どちらが(サプライヤー)が利用登録するのか。

・サービス料金のご請求はA!Premium利用契約の販売者(サプライヤー)様となりますので、バイヤー様へのご請求は出来ません。従ってバイヤー様側の利用登録想定はございません。
・掛売代金の立替サービス(クロネコあんしん決済)ご利用時は、ヤマトグループ側で取引先となるバイヤー様の与信を行い、審査の通ったバイヤー様の代金立替を行います。
・万が一与信審査が通らないバイヤー様からご注文があった場合は、代引、振込み等の他決済手段をご案内申し上げます。

■サービス内容

Q6.常温輸送、冷凍輸送には対応していないのか。

・冷凍輸送については品質が担保されており、航空搭載コストを付加して翌日午前化するニーズが低いと判断し、A!Premiumスタート時は設定を見送りました。
・又、常温につきましては運営主体のヤマト運輸(株)及び他配送企業で、A!Premium配送レベルと同一の既存サービスが、ありますので設定を見送りました。
・また、A!Premiumでは、航空輸送専用の保冷コンテナ(冷蔵)を使用し、これを仙台空港で航空搭載する必要があります。(このため出荷時間が限定されます)
・これに対し、常温既存サービスは青森空港利用により出荷時間に余裕がございます。
・常温輸送に関しては、輸送サービス説明会又はヤマト運輸(株)窓口にご相談下さい。

ページ上部へ戻る


Q7.海外輸送の際、輸出入手続きを代行してもらえるのか。

・当面の間、A!Premium主催ビジネスマッチング、Yahoo香港出品等でサポートを行います。
・輸出窓口をお持ちでない場合、輸出入手続きを自社で行えない場合などにつきましては、個別ご相談下さるようお願いします。

■販路拡大支援

Q8.売り先は紹介してもらえるのか。

・基本的には、売り先(販路)の確保は事業者様が主体となって行うべきものと考えています。
・プラットフォーム登録企業様には販路拡大につながるための環境、支援ツールや支援情報を提供していく予定です。

ページ上部へ戻る


Q9.サービス利用実績がない(利用登録のみ)場合でも、販路拡大ツールは利用できるか。

・県内事業者様の販路拡大(西日本・海外等)を目的としたプラットフォームであり、基本的にはサービスの利用を前提としています。ビジネスマッチングサイト出品や商材の定期更新等、積極的な取組みをお願いします。

ページ上部へ戻る


Q10.ヤマトのカタログ販売、ヤフー香港への出店など、具体的にはどういうことか。

・これらの販路拡大支援策については、サービス開始以降、具体的な内容を検討し、順次登録企業の皆様にお知らせする予定です。
・各種企画や出品案内等は、消費地およびバイヤー側ニーズに基づいた商材選択が予想されますので、付加価値高い商品開発にご協力ください。

ページ上部へ戻る


Q11.支援情報はどういう形で教えてもらえるのか。

・登録企業の皆様には、メーリングリスト等を活用してお知らせする予定です。

ページ上部へ戻る

© 2015 Aomori Perfectural Government